人工授精・体外受精・顕微授精

★人工授精(AIH)

人工授精とは、
男性に精液を提供してもらい、
女性の子宮内に注入する方法です。
精子の数が少ない場合や
運動率が低い場合が主な対象となります。

健康で正常な男性では、
・精液量は1.5~4.0ml
・精子濃度は5000万/ml以上
通常1回あたり、
7500万~3億個程度の精子が射精されます。
人工授精を行うためには、
4000万個程度の精子が必要になります。

精子濃度が1000万/ml以下の場合、
精子の運動率が極端に悪い場合
(精子無力症)などでは、
人工授精の効果が余り期待できないため、
体外受精を考えることになります。

————————————————————–

★体外受精(胚移植・IVF)

卵管閉塞などの器質的原因がある場合、
タイミング法や人工授精を試したが
妊娠に至らなかった場合に用いられる方法です。

通常は、精子を自然受精させますが、
乏精子症など精子側に問題がある場合には
顕微授精を行ないます。

————————————————————–

★顕微授精(けんびじゅせい)

体外受精の一種です。
卵子に精子をふりかけ
自然受精させるのが体外受精で、
卵子に直接、精子を注入して
受精させるのが顕微授精です。
肉眼ではなく、
顕微鏡を見ながら授精させるので、
顕微授精と呼ばれています。


※「受精と授精」の違いについて
どちらも卵子と精子を結びつける行為です。
前者は器具を使わず自然に受精させる場合、
後者は顕微鏡や注射器などの器具を使い
人為的に受精させる場合に用いられます。

子宝を願う全てのカップル、
女性に赤ちゃんが訪れますように

そしてお腹に宿る小さな命が今、
幸せでありますように

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ、
健やかに育ちますように

~ May God be with you. ~城戸克治


子宝相談はこちら

<虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ>
城戸常雄 医師・医学博士
(京都大学医学部卒、元京都大学付属病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者
(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院看護師)

子宝相談

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー