「ガン、悪性腫瘍の代替療法とは」

代替療法といえば、漢方薬だけで治療しているイメージがありますが、実際には西洋医学と併用される場合がほとんどです。ガンと診断されるには病院に行かねばならず、そこから西洋医学の治療が始まるからです。

漢方薬が併用される理由は、食欲や体調がよくなって、QOL(生活の質)が改善されるからです。当然ながら、再発防止や体調維持にも役立ちます。しかし、漢方薬は体質と症状に合わせて処方しないと効果が出ないだけでなく、副作用が起きることもあります。まずは、漢方薬の専門家にご相談されることをお勧め致します。

 

今すぐご相談されたい方はここをクリック

城戸克治

虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ
城戸常雄 医学博士(京都大学医学部卒、元京大病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院)

 

「治る力を最大限に引き出す」