「どうしてアトピーは、よくならないの?」

「どうしてアトピーは、よくならないの?」

ステロイドに頼らず、治すことを目指したい方に
お話したいことがあります。

 


本当に、アトピーの治療法は様々です。ステロイドの長期連用や大量使用を容認する先生もおれば、プロトピックの使用を薦める先生もおられます。

しかし、ステロイドなどの使用歴、症状の度合いによって差は出ますが、体質や症状に合った漢方と食生活などの改善に取り組めば、ステロイドやプロトピックらに頼らなくても十分、症状をコントロールすることは可能です。

アトピーは、食事や生活環境、ストレスなどの要因で悪化する病気です。

肉や乳製品中心の食生活になればなるほど、患者さんの数は増加します。動物性のタンパク質や脂肪の取り過ぎで腸内環境が悪化し、アレルゲンが腸の粘膜から体内に侵入しやすくなるからです。

つまり、腸の粘膜を丈夫にし、自律神経を鍛え、アレルゲンに負けない身体作りをすれば、アトピー体質は改善できるというわけです。

しかし実際は、これだけでつらい痒みや赤み、黒ずみは治まりません。

なぜなら、アトピーの方の肌は新しい細胞と古い細胞の入れ替わりがうまくいかず、古い角質が残ってしまうため、錆びた鉄のようなガサガサした状態になっています。アレルゲンも皮膚の表面から、どんどん侵入してきます。

それを防ぐには保湿だけでなく、古い角質が残ってしまわないように皮膚や体内の錆びを落とす必要があります。※皮膚の錆びを落とす働きは、ステロイドや保湿剤にはありません。

 

ただ今、当店では「初回、無料のカウンセリング」を行なっています。
城戸克治

相談の予約は簡単です!
「ホームページを見ました、アトピーの相談がしたい」と、
0778-22-2371まで、お電話ください。

※初回のカウンセリングは、特に大切です。じっくり話をお伺いしたいので60分、時間を取ってお待ちしております。

費用の目安は、月1.2~1.5万円ぐらいの方が多いです。

◆ニキビで、お困りの方はこちら

下記の症状でお悩みの方も、ご相談ください。

皮膚病の症状 アトピーニキビ・肌トラブル・掌蹠膿疱症

城戸克治

虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ
城戸常雄 医学博士(京都大学医学部卒、元京大病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院)