病院での不妊治療の流れ

まず最初、タイミング法によって
自然妊娠を試みるところから始めます。
次の段階が人工授精で、
体外受精、顕微授精へと
ステップアップしていきます。

自然妊娠、人工授精、体外受精など、
いずれの場合も、
受精や着床、順調に発育するためには、
卵子の質がよいことが大切な条件となります。

採卵が必要になるのは、体外受精の段階からです。
卵子がどのような状態になっているのか、
判断できるようになります。
また、受精卵のグレードも判定されます。

体外受精のレベルで
受精が成功しないケースは、
受精卵(胚)が順調に育たず子宮に移植できない、
移植できても
妊娠反応が陰性になってしまうなどの場合です。
これらもやはり、卵子の質が影響しています。

採卵の数も多く内膜の状態もよいのに
着床しなかったなど・・・
体外受精をしてもなかなか妊娠できず、
心を傷めていらっしゃる方の数は少なくありません。

体外受精の成功率を上げるには、
・卵子の状態
・子宮内膜の厚さ
・着床のしやすさ

・・・をよくする必要があります。

病院では、卵子の状態や
子宮内膜の厚さは確認できますが、
着床のしやすさは
卵子の質などによって
左右されるため、
確認することは容易ではありません。


【卵子の質】

強い生命力を持つ卵子が良質であり、
生命力の弱い卵子が
質のよくない卵子ということになります。

例えば、低温期が長引いて卵胞の成長が遅く
排卵が遅れるような場合は、
卵子の質が余りよくないことが多いようです。

また、卵胞の中に
卵子がないため無排卵になったり、
排卵しても
変性卵のため受精できないケースもあります。

つまり、妊娠が順調に進むためには、
良質の卵子を
排卵(採卵)できることが重要です。

西洋医学の場合、排卵誘発剤を使い、
卵巣を刺激して排卵を促します。
しかし、同様な治療を長期間続けると、
脳下垂体や卵巣、
子宮が疲弊して
卵子の質が低下する心配がでてきます。

こうした時は、
東洋医学的なアプローチが有効です。
東洋医学には、
卵子の質をよくするための方法がいくつかあります。

※一般的に、卵子の質がよければ
受精卵のグレードもよくなると考えられています。

子宝を願う全てのカップル、
女性に赤ちゃんが訪れますように

そしてお腹に宿る小さな命が今、
幸せでありますように

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ、
健やかに育ちますように

~ May God be with you. ~城戸克治


子宝相談はこちら

<虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ>
城戸常雄 医師・医学博士
(京都大学医学部卒、元京都大学付属病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者
(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院看護師)

子宝相談

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー