卵管の通過障害

卵管の通過障害は、
女性側の不妊の原因として最も多いものです。

卵管炎や子宮内膜症などで卵管にダメージを受けると、
卵巣から排出される卵をキャッチできなくなったり、
卵管の中を通過させて
卵を子宮までスムーズに運べなくなったりするからです。

また、クラミジアなどの性感染症で
卵管に炎症を起こしている場合は、
抗生物質を服用して菌を退治する必要があります。

漢方薬の中で卵管の通りをよくする働きがあるのは、
古血を取るとか、気の流れをよくするとか、
いわれているものです。

卵管が両方とも詰まっている場合は
体外受精を選択しなければなりませんが、
漢方薬でよい卵を育てることや、
子宮内膜を充実させて卵が着床しやすい状態にすることは、
体外受精の成功率を上げるためにも必要なことだと思います。


子宝相談はこちら

城戸克治
<虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ>
城戸常雄 医師・医学博士
(京都大学医学部卒、元京都大学付属病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者
(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院看護師)

下記の症状でお悩みの方も、ご相談下さい。

不妊症の漢方治療 周期療法の問題点 排卵異常 卵管の通過障害
子宮筋腫 子宮内膜症 子宮腺筋症
チョコレート嚢胞(嚢腫)
高プロラクチン血症
抗ミュラー管ホルモン(AMH)
病院での不妊治療 不妊治療の流れ 不妊治療の費用 人工授精(AIH)
体外受精(胚移植・IVF) 顕微授精
卵子の質
基礎体温表

サブコンテンツ
メニュー