高プロラクチン血症

プロラクチンとは
脳下垂体から
分泌されるホルモンの一種です。
妊娠中から授乳を止めるまで
分泌量が増え、
乳腺を刺激して
乳汁の分泌を促進するため、
乳腺刺激ホルモンとも呼ばれています。

しかし同時に、
排卵を抑える働きもあるため、
プロラクチンの分泌量が過剰になると、
不妊症の原因になることがあります。

また、プロラクチンの分泌量は
夜間多く、日中は少ないため、
検査では正常範囲内にあっても、
夜間には
正常範囲を超えている場合があります。

これを潜在性高プロラクチン血症といい、
排卵障害や黄体機能不全の
隠れた原因になっていることもあります。


子宝相談はこちら

城戸克治
<虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ>
城戸常雄 医師・医学博士
(京都大学医学部卒、元京都大学付属病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者
(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院看護師)


サブコンテンツ
メニュー