子宮筋腫は、子宮の筋肉組織が異常増殖した良性の腫瘍です。40代の女性の3人に1人に子宮筋腫があるといわれています。女性ホルモンに反応して増殖するので、閉経して女性ホルモンが減少すれば自然と小さくなります。

子宮筋腫があっても妊娠は可能です。しかし、筋腫のできる場所や大きさによって受精卵の着床障害や流産を引き起こすことがあります。

西洋医学では、ホルモン療法と手術による治療があります。しかし、ホルモン療法は月経や排卵を止めることになりますし、その縮小効果は一時的なものなので不妊症の治療にはあまり向いていません。手術による治療は、子宮筋腫が不妊の原因であること、他の治療法がすべて無効であった場合に不妊専門の医師とよく相談して決めます。

漢方では、子宮筋腫は古い血が固まったものと考えられています。そのため、血行をよくする漢方薬を使いますが、出血や貧血に注意して、少量から始める必要があります。

子宝相談はこちら

城戸克治

虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ
城戸常雄 医学博士(京都大学医学部卒、元京大病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者(福井県立大学卒、元福井大学医学部付属病院)

下記の症状でお悩みの方も、ご相談下さい。

不妊症の原因 周期療法の問題点排卵異常卵管の通過障害子宮筋腫子宮内膜症・子宮腺筋症・チョコレート嚢胞(嚢腫)高プロラクチン血症AMH(抗ミュラー管ホルモン)
病院での不妊治療の流れ 不妊治療の流れ不妊治療の費用人工授精(AIH)体外受精(胚移植・IVF)顕微授精卵子の質
基礎体温表