頑張って少しずつ痩せてきたのに
あるとき、無性に食べたくなって暴飲暴食してしまった・・・
みたいな経験をお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

そして、落ち込んで後悔して・・・
結局挫折してしまったりするのは悲しすぎますよね。

 

こんにちは^^
このブログをご訪問いただきありがとうございます。
福井県越前市の虎ノ門漢方堂です。

 

そのことについて書いた記事を見かけましたのでちょっとご紹介したいと思います。
(Sportsnaviより)

 

頑張ってダイエットを続けていても、ある日突然、食欲が爆発し、
必要以上に食べてしまうことってありますよね。
心理カウンセラーの小高先生によると、
それは人間としてのメカニズムが正常に機能した結果なのだそう。

「ダイエット中に食べたくなるのは、
食事コントロールやハードな運動をすることで、『我慢』を重ねているから。

我慢し過ぎると、脳内にコルチゾールというストレスホルモンが分泌されるのですが、
これがダイエットの大敵なんです! 
コルチゾールは筋肉を分解し、代謝を下げるので、
脂肪が燃えづらい体をつくってしまいます。
その一方で、体がコルチゾールの分泌を抑えようとするため、
甘いもの(糖質)が食べたくなってしまいます。
普段食べないものまで必要以上に欲してしまうのは、そのためです」(小高先生)

とくに、ダイエット中に訪れる体重減少の停滞期などは要注意! 
頑張っているのに、瘦せるどころか逆に体重が増えたりしてナーバスに。
するとコルチゾールの分泌が増えて、
ますます食欲が爆発するという悪循環に陥ってしまいがちです。

 

小高先生によると、
物体に圧力をかけると反発するように、心も圧力をかけると反発するのだそう。
これを心理的リアクタンスといいます。
「例えば『食べちゃダメ!』という強い圧力をかけると、
かえって普段以上に食べたくなってしまうことがあります。
この『ダメと言われるとやりたくなる』のが心理的リアクタンスです。
この心理的リアクタンスの結果、『実際に普段以上に食べてしまう』などの
行動を起こす現象を、カリギュラ効果といいます」(小高先生)

心理的リアクタンスによって起こるカリギュラ効果は、
発生しやすいタイミングがあるといいます。
「人それぞれですが、季節の変わり目で自律神経が乱れやすい時期や、
仕事の繁忙期、また女性ならば生理前もひとつのタイミングです。
また1日の中でも、タイミングが訪れやすい時間帯があります」(小高先生)

こうした心のメカニズムを理解し、自分のタイミングを知っておけば、
頑張れる時期とそうでない時期が明確になり、
自分のペースでダイエットに取り組んでいけそうです。

(以上、記事より抜粋させていただきました)

 

いかがですか?
我慢しすぎると爆発してしまうことがあるというのは、なんとなくわかりますよね。

この中に出てくる「カリギュラ効果」については
以前このブログでも書いたことがあると思います。

有名な昔話の「ツルの恩返し」・・・
「決してのぞかないでくださいね」と言われて
どうしてものぞきたくなってのぞいてしまいましたよね^^;
あれもそうみたいです。

 

なので、ダイエットは我慢しすぎないことがコツなのです。

本当に好きなものは食べながら、やりたいこともやりながら
ストレスのない方法で痩せる道を探っていってくださいね。

 

そして、記事の中に書いてありますが
季節の変わり目なんかに発生しやすいようです。まさに今ですよね!
自律神経が乱れやすいときは、特に意識してみてください。

 

 

♦今日のつぶやき♦

4月に入って、新しい朝ドラになりましたね!

伊藤 沙莉ちゃんが大好きなので、毎日楽しんでます。
仲野太賀くんも最高です!!(≧◇≦)

そして松山ケンイチさんも大好きで笑
(誰でもいいわけではありません)

今回の朝ドラはテンション上がりまくっております♪
半年間、楽しみです!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Blog No 1351

虎ノ門漢方堂のダイエットとは
更年期障害・自律神経失調症・鬱
腰・肩・関節・ひざの痛み・リウマチ

友だち追加

◆城戸宏美◆ プロフィール
元福井大学医学部付属病院看護師・登録販売者
(福井県立大学・武生高校卒)

◆虎ノ門漢方堂◆
〒915-0813 福井県越前市京町3-1-26
TEL 0778-22-2371