お風呂がダイエットにいいことは、このブログでも何度かお話しているのですが
新聞のコラムでお風呂の特集が連載されているのを読みました。

それを読んでいると、お風呂の素晴らしさを再認識して
お風呂に入るのが今までよりももっと楽しみになってきます。

 

こんにちは^^
いつもありがとうございます。
福井県越前市の虎ノ門漢方堂です。

 

まず紹介されていたのが、お風呂の「三大健康作用」です。
(東京都市大教授 早坂信哉先生による)
福井新聞の記事より抜粋させていただきます。

 

浮力
浴槽に肩まで浸かることで、体重は10分の1まで軽くなります。
全身の筋肉を休め、リラックスさせることができるのです。

 

静水圧
お湯の中に体を沈めた際の水圧で、体が締め付けられます。
下半身が締め付けられると、マッサージの時と同じような効果が表れ
たまっていた血液やリンパ液が心臓へ押し戻され、むくみや血流が改善します。

 

湯船に浸かると、温熱による血流改善に加え、水圧による利尿ホルモンの影響で、
老廃物を効率よく体外へ排出させることができるというわけなのです。
お風呂に入る前に、コップ1杯以上の水分を採ると血液の流れがよくなり、
尿もたくさん排出できて、デトックス効果がさらに高まります。

 

 

温熱作用
体温が上がり、血管が広がって血液の流れがよくなります。
全身を流れる血流は3~4倍にもなり、体の芯まで温まることができます。

 

良質な睡眠にもつながりますが、これには温熱作用に加え
入浴のタイミングも大切になります。
お風呂に入ると、中心の体温は0.5度前後上がり、1~2時間経つと急速に下がります。
このタイミングで布団に入ると深い眠りにつくことができます。
湯温が42度以上だと、体が興奮して眠れなくなり、入浴が寝る直前だと、
体温が上がったままで寝つきが悪くなります。

 

他には、固いブラシやタオルでゴシゴシ洗うことはNGなこと、
リラックスして呼吸に意識を集中することでイライラや不安が和らぐことなども書かれていました。

 

他にはこんなことも!

毎日湯船に入る人は、よく眠れて健康状態も良いということがわかりました。
さらに面白いことに、幸福度も高いことが判明。

さらにここ数年で、入浴に関する大規模な研究が進み
毎日湯船に浸かることによる長期的な健康効果が明らかになってきました。

 

 

いかがですか?

健康になって、幸せになって、ダイエットにもなるお風呂。
入らない手はないですよね!

これから寒くなると、ますますお風呂は至福の時間です。
こんな素晴らしい効果があると思うと、一層幸せ感が増すのではないでしょうか^^

 

 

♦今日のつぶやき♦

駐車場の鉢植えが紅葉してきています。

これ、ハート型の葉っぱで可愛いんです^^
だんだん落ちてきましたけど・・・・・。

 

 

Blog No 1149

 

当店の新型コロナ感染対策について

LINEからもご予約が可能です。

友だち追加

◆城戸宏美◆ プロフィール
元福井大学医学部付属病院看護師・登録販売者
(福井県立大学・武生高校卒)

◆虎ノ門漢方堂◆
〒915-0813 福井県越前市京町3-1-26
TEL 0778-22-2371
※北陸本線JR武生駅から、徒歩約7~8分です。
(お店の右側に駐車場がございます。)
虎ノ門漢方堂のダイエット 当店の場所