第148回 「アイスクリームとダイエット」

アイスクリームは甘くて乳脂肪も多いので「太りやすい食べもの」というイメージがありますが、摂取後の血糖値の上昇は比較的緩やかでインシュリンの分泌も急激には増加しません。そのため、思ったより脂肪として体内に蓄積されにくい食品です。

さらに、アイスクリームは冷たいので食べると熱が奪われ、体温を戻すエネルギーが必要になるため、摂取したカロリーよりも吸収されるカロリーのほうが少なくなります。また胃が熱を持つと食欲が増すという、中医学の理論からも冷たいアイスクリームで胃熱を冷ますことは理に適っています。

一般的な乳脂肪8%のアイスクリームのカロリーは100グラム当たり180kcalで、ショートケーキ100グラム当たり350kcalと比べると約半分のカロリーです。そのうえ冷たい食べ物ですから、一度にそんなにたくさんの量を口の中に入れられませんし、食べるのにも時間が掛かるため、いつのまにか空腹も満たされます。そして何よりも、ダイエットのストレスを解消してくれます。

ですから、上手にアイスクリームを利用すれば、ダイエットにも役立つ可能性がいろいろあります。また、アイスクリームのように美味しい食べ物は人の感情を安定させますから、ダイエットでのイライラを避けることも出来ます。

※余談ですが、アイスクリームの原料への空気の混入量を”オーバーラン”といい、その数値が高いほど舌触りが滑らかになります。普通のアイスクリームで60%、ソフトクリームで80%、シャーベット系では20%ぐらいが1つの目安です。

サブコンテンツ
メニュー