「漢方に国境なし」の記事一覧(26 / 26ページ)

漢方に国境なし

「漢方に国境なし」

アメリカやヨーロッパの人に比べ、アジアの人たちが劣るわけではありません。同じように、西洋医学と東洋医学にも優劣はありません。考え方に多少の違いがあるだけです。私なら国境を越えて、2つとも頭の中に入れる方法を選びます。

第251回 「美人の湯」は、肝臓病にも効く? 

【重曹泉】(ナトリウム炭酸水素塩泉) 重曹が主成分の温泉で、 アルカリ泉とも呼ばれています。 入浴すると、お湯・・・

第252回 今日で、最後になりますが

ここしばらく、日本に多く見られる 温泉の泉質について書いておりますが、 温泉は自然が作り出したものですから、 ・・・

第253回 心臓のガン、聞いたことがありますか

暑い夏の日差しがようやく傾きかける 9月になると、私の住んでいる市町村では 秋の集団健康診断が一斉に始まります・・・

第254回 「ある日突然、ガンに」

西洋医学の面から考えれば、 私たちの身体の正常な細胞が ガン細胞に変化するのは 「分裂する細胞」だけだというこ・・・

第255回 「三十年近く、薬局をやってきましたが」

もとはと言えば、私たちの身体は たった一つの受精卵が 分裂と増殖を積み重ねた結果、 得られたものです。 受精卵・・・

第256回 肝臓にガンの転移が多いのは・・・

西洋医学には、 正常な細胞がガン細胞に変化するのは 分裂する場合だという考えが前提にあります。 そのため、小児・・・

第257回 「女性が長生きする理由」

平均寿命において、女性が男性に比べて 10年以上も長生きするのは何故でしょう。 女性ホルモンの影響で 動脈硬化・・・

第258回 “悪玉の中の悪玉”

現代医学での病気の診断法は ここ20年ばかりで 驚くべき進歩を遂げましたが、 健康を評価する方法については 相・・・

第259回 「於血は、百病の源」

ホメオスターシス(恒常性)の働きで、血液中の成分や濃度はある一定の状態に保たれています。よく、新聞や雑誌の広告・・・

第260回 「世界で初めて、漢方薬の注射薬」

現在、西洋医学では血栓が出来るのを防止するため、血小板の凝集を抑えることに重点が置かれていますが、血液サラサラ・・・

26 / 26« 先頭...2223242526
サブコンテンツ
メニュー