第82回 指で分かる、妊娠判別法とは?(脈診3)

正常な脈の状態は「平脈」といい、脈の位置は浅くも深くもなく、脈拍は速くも遅くもなくゆっくりと穏やかで力強くリズムも規則正しいものです。また、平脈は年齢・性別・体質・精神状態などによっても、いろいろと影響を受けやすいものです。

例えば、若い人では力強い脈を示しますが老人になってくると脈もだんだん無力になってきますし、やせている人では浮脈の傾向が太っている人では沈脈の傾向が多く見られたりします。さらに、緊張したり・ストレスが溜まったり・痛みの症状があったりすると、脈診の3本の指が1本の弦に触れたように感じられる「弦脈」が出現したりする場合があります。

また、妊娠している場合には、脈拍がそろばんの玉が滑らかに転がるような感じの「滑脈」という脈が現れることがあります。この脈は、食べすぎ・飲みすぎなどで消化不良を起こして宿便が溜まっている場合や慢性の強い便秘、身体に熱がある場合にも現れます。

逆に、脈拍が滑らかでなくまるでナイフで竹を削るときのように細くて遅い短い脈は、「渋脈」と呼ばれています。無力な渋脈は血液などの不足を示しており、力強い渋脈の場合はストレスなどが原因で気の流れが悪くなって血液がうまく循環していないことを示しています。

※自分で脈診をする方法

(1)まず、右手を手のひらを上にして机か台の上におく。
(2)次に、左手で右手首を下からつかむ。
(3)そして、右手首の親指の付け根の小さい骨の突起のある部分に、左手の中指があたるようにして人差し指・中指・薬指をあて、指に触れる感じから脈の状態を調べていきます。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー