第170回 色が白くて、太っている人は?

読者の方から質問がありました。

「巷では漢方ブームで、とかく情報が氾濫しておりますが、いまひとつ情報の先走りのようで、果たして信じていいものかどうかわかりません。先日もあるダイエット番組で気虚タイプの人には黄ギ、気滞タイプの人にはガジュツを煎じて飲むとやせるとありましたが、いかがでしょうか?」

中医学的にみると気虚すなわち気力の衰えているタイプの方は、一般に胃腸の働きも弱いため飲食によって摂取した水分を体内でうまく処理することが出来ず、自分の身体に溜め込んでしまってその分だけ身体がむくんで体重が増えてしまうと考えられています。

この状態は水太りと呼ばれるもので、いわば濡れたタオルをそのままにしたような状態です。ですから、濡れたタオルを絞るように、気力を増して身体を引き締めてやれば余分な水分が抜け出てその重さだけ体重が減少します。

気虚に対してよく使われる漢方薬として、六君子湯(りっくんしとう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などがありますが、その中には気を増す働きのある生薬の黄耆(おうぎ)や朝鮮人参が配合されています。

また、これらの漢方薬は、胃腸が弱くて痩せている方の体質を改善する漢方薬としてもよく使われます。なぜ、同じ漢方薬が太っている人や痩せている人にも使われるのかといいますと、漢方薬の本質は身体を正常な状態に戻すということだからです。

つまり、太り過ぎの人が適度に痩せれば正常な状態になり、痩せ過ぎている人が適度に太れば正常な状態になるということです。こういうところが、西洋医学の薬には見られない漢方薬の大きな特徴といえるでしょう。

サブコンテンツ
メニュー