「光免疫療法」の小林久隆氏と城戸常雄が、第343回CBI学会で講師を務めました


【お知らせ】

「光免疫療法」の小林久隆氏と城戸常雄が、

第343回CBI学会で講師を務めました。

「海外の事例に学ぶ、新しい形の産官学連携」

開催趣旨:
創薬研究においても、

オープンイノベーションや

プレコンペティティブなどの概念が注目され、

従来型の特定の企業と大学研究室が

共同研究契約を結ぶといったタイプとは異なる

産官学連携が模索されている。

例えば、NCATS

(米国立先進トランスレーショナル科学センター)では、

8つの製薬企業が
臨床試験で脱落させた化合物58種について

その化合物の再利用のため

適応症の再目的化を推進するプロジェクトを開始している。

本講演会では、米国、英国での産官学連携に

直接のご経験をお持ちの講師からお話を伺うことで、

日本の創薬・医療における

新しい形の産官学連携を考えるきっかけとしたい。

日時: 2013年11月15日

場所: グランフロント大阪
ナレッジキャピタル タワー

世話人: 水口賢司(医薬基盤研究所)、
森 浩禎(奈良先端科学技術大学院大学)

藤渕 航(京都大学)

プログラム

 

1.13:25~13:30

開催の挨拶

 

2.13:30~14:30

「米国におけるベンチャーの立ち上げと育成方法

ー米国での再生医療 ベンチャーの立ち上げの経験からー」

城戸常雄(Stem Cell Medicine LLC, President & CEO)

3.14:30~15:30

「新規開発がん診断・治療法

:臨床応用に即した開発方針と治験への 道筋」

小林久隆(米国立がん研究所,

分子イメージングプログラム, チーフ・サイエンテイスト )

 

4.15:50~16:40

「欧州における産学連携の現状

=ビッグファーマの多くが参加する

コンソーシアムEBI Industry programmeを題材に=」

池田和由(株式会社レベルファイブ)

 

5.16:40~17:30

「企業内研究、国内産学連携
および国際連携をどう組み合わせるか

=抗体創薬インフォマティクスを例に=」

白井宏樹(アステラス製薬株式会社 分子医学研究所)

※小林久隆氏と城戸常雄は、京都大学医学部の同級生です。

 

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー