「東洋医学の名医134人 徹底紹介」 治療分野別でわかる医師・治療士のガイドブック(実業之日本社)に、富山大学医学部付属病院長の寺澤捷年先生、金沢大学医学部名誉教授で日本東洋医学会副会長の多留淳文先生、虎ノ門漢方堂の城戸克治も漢方・中医学・機能性食品に精通した薬剤師として紹介されました。
「ガンに打ち勝つ希望の法則50」 あわてない、あきらめるなよ、あせらない、ガンは絶望病ではありませんでした(本書より抜粋)。西洋医学だけでなく、東洋医学、食事、養生、家族、医師、信頼、希望などの全体から考える。※「週刊ポスト」の編集長、小学館取締役などを歴任された関根進さんが自らの体験に基づいて書かれた本です。漢方・中医学に詳しい薬剤師として城戸克治が紹介されております。
「家庭でできる、痛みをとる本」 長年に渡り研究されてきた、自然療法で痛みをスッキリ解消する本。ひざ・腰・肩の痛みに効果的なツボ療法や漢方薬、食養生についての話が詳しく書かれています。城戸克治も共著者の一人として、名を連ねております。
「シベリア健康法」 チャーガ(別名:シベリア、霊芝、カバノアナタケ)に詳しいだけでなく、西洋医学、中医学、シベリア・チベットなどの薬草、機能性食品にまで守備範囲が広い。先入観に縛られず複眼的にそれらを使いこなす薬剤師の一人として城戸克治は紹介されています。

「ハイハイQさんデス」で、漢方コラムを3年間担当
ハイハイQさんデスは『ほぼ日刊イトイ新聞』の分家として、「みんながトクするみんなのインターネット」をモットーに邱永漢さんが主宰し、毎日情報を発信。10年間に渡り、約60名の執筆陣により多ジャンルに渡るコラムを展開した。「あまから手帖」編集顧問 門上武司氏、「医療エッセイスト」 米山公啓氏らと共に、城戸克治は漢方のコラムを担当。⇒中医学事始め 読めばわかる本当の漢方とは
※邱永漢(きゅう・えいかん)、1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞を受賞。作家だけでなく、経済評論家としても著名。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)など約400冊にのぼる。

福井県文化顧問 山根一眞氏らと「ものごころの会」を結成
愛知万博のプロデューサーであり、『メタルカラーの時代』の著者としても知られる山根一眞氏、東京理科大学 吉川友章教授、城戸克治ら総勢10人で「ものごころの会」を結成。※山根一眞氏は、2018年に福井県年縞博物館特別館長に就任されました。中学国語の教科書に年縞に関する読み物を書き下ろすなど、水月湖の年縞にも深く関わっておられます。

「健康がいっぱい」ラジオ大阪 免疫に造詣の深い薬剤師として、城戸克治が出演しました。インタビュアー役の大槻彰医学博士は佐藤製薬の元取締役で、日本自然療法学会の会長を歴任。『健康長寿は心の匙加減、89歳の薬剤師が体得した自然療法の力』は、自らの闘病体験に基に書かれた大槻先生の貴重な気づきの本です。
えちぜん自然塾(福井ライフアカデミー連携講座)「身近なところから始める漢方教室」薬食同源5回シリーズ。越前市と福井ライフアカデミーからの依頼を受け、城戸克治が5回の講座を担当しました。
「子育てマイスターからの育児に関するアドバイス」 が本としてまとめられ、福井新聞から発行されています。通常の育児書には書かれていないような昔なら当たり前の疑問に対する回答など、子育て世帯のニーズを踏まえたアドバイスが多数掲載。城戸克治も薬剤師として、コラムの記事を担当しました。
「漢方・東洋医学についての特集番組」 丹南ケーブルテレビの依頼を受け、城戸克治が出演しました。担当は女性アナウンサーの毛利さん。大雪の中での早朝取材で、室温が上がらず寒い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。