皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まった状態や、そこに細菌が感染して炎症を起こした状態をニキビと呼びます。

軽いニキビなら心配することはありませんが、顔全体に赤く広がったり化膿した場合は瘢痕(あばた)が残ったりしますから、要注意です。ニキビの原因は男性ホルモンの過剰です。皮脂の分泌を亢進して毛穴を詰まらせ、アクネ菌の増殖を招いて炎症を引き起こします。

現在、「大人のニキビ」 に悩む人が急増しています。20から30代の女性に多い難治性のニキビで、比較的大きなニキビになりやすく、頬から顎の部分にかけて発生する特徴があります。しかし、大人のニキビは漢方が得意な分野です。上手に漢方薬を使えば劇的によくなることがあります。
 
 
【その他のニキビ】
 
・ダニによるニキビ
毛包虫の増殖が原因で起こります。石鹸を使って洗顔しない人、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)の内服や外用剤を使用している人に発症しやすいニキビです。
 
・酒さ様皮膚炎
ステロイド外用剤を長期連用した場合に生じる皮膚炎です。ニキビのような赤い丘疹や鱗屑が見られ、強い痒みや灼熱感を伴います。
 
・月経の異常を伴うニキビ
もし、無月経や無排卵などの月経異常があれば、多嚢胞卵巣症候群を疑います。
 
【日常生活の注意点】

化粧・睡眠不足・便秘・ストレス・偏食・不規則な生活など。野菜類を多めに、砂糖や脂肪分は少なめに。※アトピー性皮膚炎自体の難治化を招く原因にもなります。

今すぐご相談されたい方はここをクリック

城戸克治

<虎ノ門漢方堂アドバイザースタッフ>
城戸常雄 医師・医学博士
(京都大学医学部卒、元京大病院医師、元米国立衛生研究所)
城戸宏美 看護師・登録販売者
(福井県立大学卒、元福井医科大学付属病院看護師)