第95回 健全な精神は、健全な肉体に?

病気の部位や性質から病気の原因を知ることができたら、その原因がどこからきているのかを・外因(環境など外部的要素が原因となっているもの)・内因(人間の感情などの内部的要素によるもの)・不内外因(外因でも内因でもないもの)の3つに区別して考えていきます。これを「病因弁証」といいます。

まず、「外因」には気象状況などの変化を元に考えられた風・寒・暑・湿・燥(乾燥)・火(熱)の6つの外部的な要素があげられています。なお、ウィルスや細菌などの病原菌は、目に見えないため中医学が出来た時代には気候などに由来するものとして考えられており、現在もそのまま外因の仲間に含まれています。

「内因」は七情とも呼ばれ、怒る・喜ぶ・憂いる・思う・悲しむ・驚く・恐れるの7つの感情を指しており、それらの感情によって内臓が異常を起こしたり、逆に内臓の障害によりそれらの精神状態の異常が引き起こされたりするというふうに考えられています。こういった精神と肉体がお互いに影響を及ぼし合っているという考えは、現代の最新医学の研究でも徐々に明らかになりつつあります。

「不内外因」というのは、漢文の読み通り内因でも外因でもないものということです。ほとんどが生活習慣に関することで、飲みすぎ食べすぎなどの飲食の不摂生や寝不足・寝過ぎ・働き過ぎ・遊び過ぎ・怠け過ぎ・、過度の性生活などからくるものをいいます。また、外傷や虫さされなどの場合も、この中に含まれます。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー