第68回 人は、見かけによらぬもの?

ピカピカに磨かれたきれいな台所・
きれい食器・きれいなスーパーで買った食品・
きれいに見える自分の手などが、
必ずしも清潔で衛生的であるとは限りません。
いくら、きれいに見えても
バイ菌がいることがあります。
人を見る場合と同じで、
外見や見かけだけで判断せず
衛生的な調理や取り扱いをこころがけましょう。

もし、ロケットの中で
宇宙飛行士が食中毒になったら
それこそ大変なことになりますから、
宇宙飛行士の食事は
当然すべて生のものはなく
加工済みのものが中心となります。
しかし、それでも
食中毒の危険性がまったく無いとはいえません。
そこで考え出されたのが、HACCPという方法です。

この方法は簡単に言えば、
製造工程の最後にできたものを検査して
安全であるかを判断しようとするのではなく、
製造ラインの重要な工程を連続して管理して
製品の安全性を確保しようとする
まったく新しい考え方の衛生管理の方法です。

この方法により、確かに
今までより食中毒の危険性を
格段に低くすることが可能になりました。
しかし、どうしても
人間が管理しなければならない部分は
このHACCPにも残されています。
そのため、
過信しすぎると○○乳業のような
大惨事を招いてしまうことも起こりかねません。
そして、そのツケは、この国ではいつも、
一生懸命まじめに働いている方たちに
降りかかります。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー