第56回 プチ整形の秘薬

前回お話したボツリヌス菌の毒素が、実は、美容整形の分野でシワを無くす秘薬として活躍しています。どういうふうなことかといいますと、シワの部分にその毒素を注射してその部分の筋肉をマヒさせシワを無くすという仕組みです。特に、眉間・目尻・額のシワに効果があるそうで、価格は一回約5万円、効果は半年ほど続くということです。

ボツリヌス菌についてもう少しくわしく説明しますとこの菌は、特に熱に強いため普通の煮沸消毒では殺菌することができません。さらに酸素が無くても生きることができるため、土の中や泥の中・砂の中などにも棲んでいますし真空パックされていても増殖できます。また、その毒性はボツリヌス菌が作りだす毒素に由来し、一番強いA型では青酸カリの30万倍以上あり地球上で最強と言われています。

ところで、なぜ1才未満の乳児がボツリヌス菌にそれほど注意しなければならないのかといいますと、ボツリヌス菌が体内に侵入した場合それに対抗できる腸内細菌をまだ持っていなかったり・・菌の数が十分でなかったりして腸内で増殖してしまうからだといわれています。また、汚れたハウスダストや玩具・鉢植えの土などをなめることでも菌が摂取される可能性もありますから、子どもの手洗いには十分に気をつけたいものです。

もし、赤ちゃんがボツリヌス菌に侵された場合、症状は突然の便秘から始まることが多いようです。その後、首がすわらない・四肢が動かないなど次第に全身の筋力が低下し、ミルクの飲みが弱くなる・泣き声が弱くなる・ぐったりするなどの症状が現れてきて、突然呼吸が止まることもあります。潜伏期間は、通常3~30日ぐらいとされています。

最近、乳児突然死のことが話題になっていますが、その原因の一つにボツリヌス菌のことも挙げられております。

サブコンテンツ
メニュー