第53回 SARS、誕生秘話?

現在、森林の減少、大気中のフロンガス及び二酸化炭素の増加などの環境を破壊するいろいろな要因により地球の温暖化が急激に進んでしまい、南極や北極さらにヒマラヤの氷河までもがかなりの勢いで溶け出しきております。

一説によりますと、インフルエンザのウイルスもシベリアの永久凍土から溶け出して、まず野鳥や渡り鳥などに感染→それらから豚などの家畜に感染→豚などから人間に感染→人間から人間へと伝染という感染の経路が考えられるそうです。

中国人は、「飛んでいるものは飛行機以外なら、四つ足のものは机以外なら何でも食べる」とよく紹介されておりますが、これは中国全土のことではなく広州のことを指しているのだといわれています。また、広州では料理に使う材料の種類も美食・悪食の両方ともに非常に多く、熊の手・ツバメの巣・フカのひれ・干しアワビなどの他に犬を丸ごと唐揚げにしたもの・野鼠の干したもの・生きたままのヘビやカエル・野生のネコなどがところ狭しと市場に並んでいます。

実は、最初の新型肺炎SARSの患者が発見されたのもこの広州なのですが、野生の猫を精力剤として食べたことから人間がSARSに感染したのではないかという説もあり、SARSの初期の患者がほとんど男性であることもこのことを裏付けている証拠だという落ちまでついています。

サブコンテンツ
メニュー