第43回 痛みと賢く付き合う方法?

「○○○を飲んだら、3日でひざの痛みや腰痛が治った」とかいう広告のようなものを、この頃よく目にします。もちろん、単なる打ち身や捻挫なら早く治るでしょうが、お年寄りなどのひざや腰の痛みなどはその部分の筋肉がだんだん弱ってきたり血液の流れが悪くなってきたり骨や軟骨などがスリ減ってきたりして、総合的に痛みが起こっている場合がほとんどですから、3日ぐらいで治ることは物理的にも不可能なことです。多少は楽になったとしても治ったわけではなく、また無理をしたり同じように動いたりすると痛みは軽くてもその部分は修復できずに症状は逆に悪化してしまいます。

特に気をつけてほしいのは、興奮作用や覚醒作用・麻痺作用などを持つ物質が関係している場合で、「漢方薬や健康食品だから」「自然のものだから・・・」と安心していても、こういうものが含まれていたりすることがあります。そういう場合は一見治ったように感じても、その実体は興奮・覚醒・麻痺させたりして痛みをごまかしたりしているだけで、その部分を治しているわけではありません。

よく考えてみれば分かることですが、痛みは決して悪いだけのものではありません。「その部分が傷んできてますよ、気をつけてください。」という、身体の注意信号でもあるのです。ですから、強制的に痛みだけを完全に止めてしまいますと自分の身体の状態がどうなのかが分からなくなってしまい、無理をしてしまうことがよくあります。これは、痛みに対しての治療の盲点の一つだと思います。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー