第33回 どっちが得か?

同じ病気であっても、東洋医学と西洋医学とでは、病気と健康に対する考え方が大きく異なることが多いため、治療の方法もかなり違ってきます。そのため、お互いに得意な病気や不得意な病気があります。

東洋医学での治療があまり期待できないものや得意でない病気について少し説明します。

○事故などによる損傷。
○脳卒中や心筋梗塞の急性期・劇症肝炎・ 腎不全・虫垂炎・腹膜炎・胆石症などの 手術や救命処置を必要とする病気。
○悪性腫瘍の初期 (手術や放射線などで完治可能な場合)・ 高血圧(数値がかなり高い場合)・ 痛風の発作時・肝硬変の増悪時など。
○肺炎・脳炎・髄膜炎・敗血症・腎盂炎などの重篤な感染症。
○結核・コレラ・赤痢・腸チフス・水痘・麻疹などの 伝染力が強く症状の重い病気など。
○精神分裂症・躁うつ病などの重い精神病。

以上の場合は、西洋医学的に治療したほうが効果的であると考えられます。

もちろん、西洋医学と東洋医学のどちらの方が優れているなどということではありません。お互いの足りない部分や限界を知り、両方の良い部分を上手に生かしながら互いに補い合っていけばよいのだと思います。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー