第32回「東洋医学と西洋医学」

「漢方薬は、本当に効くのですか」 「漢方薬さえ飲めば、どんな病気もよくなるのですか」 「○○という病気には、どんな漢方薬を飲めばよいのですか」

これらはよく聞かれる質問ですが、非常に答えにくい質問でもあります。なぜなら東洋医学と西洋医学では、病気に対する概念が大きく異なり、単純に比較ができないからです。わかり易くいえば、東洋医学というものは「健康とはこういうものである」ということを前提にして成り立っており、西洋医学の場合は「こういう状態を○○病と呼ぶ」ということを決めた上で成り立っているということです。

つまり、東洋医学では体の状態のバランスが崩れると病気になると考え、体の機能を調整して人間本来の自然治癒力を高め、健康な状態に戻すことに重点を置いています。それゆえ、病気の予防と健康増進、老化の防止などの健康作りが得意なのです。

一方、西洋医学では病気を詳しく調べて原因を突き止め、その原因を排除することで病気を治します。そのため、手術や感染症などの治療に効果を発揮します。但し、抗生物質や化学療法剤などの過度の使用による耐性菌が出現して、一部の感染症の治療が難しくなってきており、大きな問題にもなっています。

サブコンテンツ
メニュー