第242回 「お金をかけずに、ひざの痛みを治す方法」

変形性関節症の場合、注意が
つい骨のほうにだけ集中しがちですが、
筋肉も私たちの身体を支えていく上で
重要な役割りを演じています。
ですから、脚の筋肉を丈夫にする体操で
ひざの関節周辺の筋肉を鍛えたり、
筋肉をマッサージで揉みほぐしたりすると、
症状が軽い方の場合では
それだけでも
痛みが随分と楽になることがあります。

【脚の筋肉強化法】

仰向けに寝た状態でひざを伸ばし、
片足を交互に10度から
15度位の角度で上に持ち上げ、
約5秒間ほどそのままの状態を保つ。
この動作を5秒ぐらいの休憩を挟んで、
交互に20回程くり返します。
1日2回、朝と夜、
空いた時間を見つけて続け下さい。
また、両足を同時に上げると
逆に腰を痛めてしまいますので、
必ず片足ずつ上げるように行って下さい。

【筋肉をマッサージで揉みほぐす】

脚の筋肉が冷えや運動不足などのために
硬くなってくると、
血管も弾力性を失って拡がることができず、
血行は徐々に悪化します。
温泉に入ったり、足の筋肉をマッサージで
揉みほぐしたりして血液の循環がよくなると、
痛みも楽になり痛めた関節も動かしやすくなります。
ひざの関節の血流を改善するには、
ひざから下の筋肉を
よく揉みほぐすことがとても効果的です。
お風呂から上がったら、
足の裏や指先、ふくらはぎなどの部分も
忘れずに念入りにマッサージして下さい。

※患部の状態が悪く無理になる場合は、
  上記の体操やマッサージは行わないで下さい。

サブコンテンツ
メニュー