第232回 「にがり」に効果なし、国立研究所も指摘!

健康食品として
テレビや健康雑誌などで
人気を呼んでいる「にがり」について、
国立健康栄養研究所が
「にがりのダイエット効果に根拠はない」
とする情報をようやく
ホームページで流し始めたそうですが、
こちらのサイトでも
以前からそのことは指摘しております。

本当のダイエットというのは
ただ単に体重が減ることではなくて、
「余分な脂肪が減少して体重が減る」
ことを言うのです。
にがりの場合のように
水様性の下痢を起こさせて、
一時的に体内の水分が減少して
体重が減っても、
それは本当のダイエットではありません。
水を飲めば、すぐに体重は元へと戻ります。

また、にがりの過剰摂取で
心肺停止や脳の浮腫などを起こして、
救命救急センターに搬送される
事故のニュースが
このところ目立ってきており、
家庭での取り扱いや
保管には細心の注意が必要です。
例えば、にがりの原液
100mlボトル1本ぐらいの分量でも、
誤って飲んだり
料理に使ってしまったら、
大変危険な状態に陥ってしまいます。

スーパーやドラッグストアなどでは、
こうした事件が発生しても
相も変わらず
にがりをカゴに山盛りし
平気な顔をして
健康食品として売りさばいておりますが、
不特定多数の人たちに販売する以上は
よいことばかりだけでなく
危険な点も同様に
大きく表示しておいて欲しいものです。

現在、健康食品の販売には
法的な規制もなく
まったく野放しの状態ですが、
「商道徳」や「商人道」などの
人としての規制はあるはずです。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー