第180回 「アトピー、フリーズ?」

炎症が起きると、その部分には痛みや腫れ、発熱などの症状が発生します。患部を冷やせばそれらの症状は治まりますが、冷やし過ぎると症状は治まっても傷んだ部分の組織は取り除かれずにそのまま残り、治癒は遅れます。

常温で食物を置いておくとそのうちに腐って形が無くなりますが、冷凍すればいつまでもその状態のまま残っているのと同じ理屈です。

アトピーの治療で、ステロイドの軟膏を患部に塗って状態の悪化を防ぐことを「フリーズ」させると言いますが、それも同じような意味で使われています。ステロイドを止めれば、保存状態は解凍されて、眠っていた症状が再び出てきます。

パソコンの画面が固まって動かなくなる状況もフリーズと呼びますが、強制終了させてスイッチを入れ直してやれば、簡単に正常な状態に戻ります。

しかし、パソコンと違って人間を強制終了させるわけにはいきませんから、アトピーの治療は難しいのです。

サブコンテンツ
メニュー