第176回 「発想の転換」

漢方薬を効かせるコツは、いろいろあります。まず吸収をよくすること、次に「排泄」もよくしてやることです。

食べたものが胃腸に入って吸収され、不要なものが身体の外に排泄されて、初めて私たちの身体は十分に機能することができます。つまり食べて吸収するだけでは不十分で、食べたものの残りかすを処理して排泄する力が充分にあることが必要です。

そうでないと体内に生ゴミが溜まってしまうし、お尻に栓をしているようなものですから、便秘だけでなく食欲のほうも落ちてきます。

ヨガや太極拳などの呼吸法でも、息の吸い方だけでなく息の吐き方もとても重要なこととされています。何故なら、肺の中の汚れた空気を十分に排出しないと、新しくてキレイな空気を身体の隅々まで取り入れることが出来ないからです。

体調が悪くなると、栄養のある食べ物や効き目のよい薬にばかり目が行きがちですが、健康的な便が出るような養生をされたほうが結果的によいことが多いものです。

医学の世界でも、見方を変えることで難問がウソのように解決することはよくあります。

サブコンテンツ
メニュー