第173回 「川の流れのように」

中医学では、気・血・水が衰えていたり不足したりして各々の流れが不十分になっている状態を、それぞれ「気虚」「血虚」「陰虚」と呼んでいます。

また、一般的に「実」とは、充実している状態を示す意味の言葉ですが、中医学では、過剰になっていたり停滞している状態を指していることがあります。

例えば普通には、量がたくさんあって充実しているのなら身体の抵抗力や治癒力も旺盛でよいだろうと考えるものですが、それは正常な範囲内に納まる場合にのみ限ります。正常範囲を超えて量が過剰になっている状態の場合は流れも停滞していることが多く、ちょうど川下の流れが悪くなって上流の水かさが増してきているようなものです。

ですから、川の浄化作用がうまく働かなくなるとだんだん水も汚れて濁ってくるように、気・血・水の流れも徐々に悪くなって身体の中が澱んだ状態に移行していきます。

中医学では、気・血・水が過剰で流れが停滞している病的な状態を気滞、血(おけつ)、水滞といい、お腹の張り・遊走性の痛み・憂うつ、静脈瘤・部位が固定した痛み・舌や口中の粘膜に出来る暗赤色の斑点、身体や顔のむくみ・目まい・手足が重いなど、それぞれに特有の症状が見られることが多いものです。

サブコンテンツ
メニュー