第131回 「老人性の痴呆症」

現在、日本は世界有数の長寿国になりましたが、同時に老人性の痴呆症が大きな社会問題になってきています。

特に五十才ぐらいから発症するアルツハイマー型痴呆症の患者数が、平均寿命が延びたこともあり確実に増えてきています。

アルツハイマー型の場合、年齢による「もの忘れ」と初期症状の区別がつきにくいのですが、もし次のような症状が見られたらアルツハイマー型の可能性があります。

・何度も同じことをくり返して聞いたり、言ったりする。
・日付や時間を認識することが、うまく出来ない。
・人の名前や物の名前が、なかなか覚えられない。
・よく物を置き忘れたりする。
・慣れた場所でも、道に迷うようになる。
・今までしていたことが、出来なくなる。
(判断能力が低下することによって、日常動作がうまく出来ないようになる。)
・鬱になったり、怒りっぽくなったりする。

さらに、アルツハイマー型の痴呆は進行性の病気ですから、ひどくなると上記の症状のほかに、家族の顔がわからないようになる・被害妄想癖・人格が変わる・幻聴が聞こえる・徘徊するようになる・言葉が出にくくなる・自分の身体をうまく動かせなくなるなどの症状まで出てきます。また、最後には喋ることも動くことも出来なくなり寝たきりの状態になってしまうことさえあります。

現在のところ、この病気の根本的な治療法はまだ見つかってはいませんが、「狂牛病の研究から、何かヒントが見つけられそうだ」というようなことを、何年か前にアメリカの研究所にいる弟が話していました。

サブコンテンツ
メニュー