第108回 磁石は、耳鳴りの特効薬か?

中国で腎を丈夫にする漢方薬は補腎薬といわれ六味丸という処方が有名ですが、日本でよく使われる八味丸もこの仲間です。

しかし、八味丸は体力が低下している寒がりの人向けの処方なので、元気な人や暑がりのひとに飲ませるとのぼせたり心臓の動悸がひどくなったりしてかえって身体の調子が悪くなったりします。

日本では、効能や効果の部分だけを見て漢方薬を選ぶひとがよくおられますが、体質や身体の状態も考慮して選ばなければいくら良い漢方薬でも逆効果になる場合があります。

腎によい漢方薬を選ぶポイントを簡単に説明してみますと、

●寒がりで冷えがある場合
   (温かい飲みものや食べものを好む傾向がある)・・・八味丸、海馬補腎丸、至宝三鞭丸など

●暑がりで身体にのぼせやほてりがある場合
   (冷たい飲みものや食べものを好む傾向がある)・・・杞菊地黄丸、知柏地黄丸など

●寒がりでも暑がりでもない場合
   ・・・六味丸など

●長引く病気の場合や健康維持が目的の場合
   ・・・瓊玉膏(昔、仙人が飲んだといわれる漢方薬)、 紫河車(人間の胎盤)など

ということになります。

また、耳鳴りや難聴がひどいときには、磁石と柴胡という生薬を六味丸に加えて使うことがありますが、それは中医学では磁石には神経を安定させる働きがあるとされ、耳の神経の異常な興奮を鎮めてやれば耳鳴りや難聴は軽くなるというふうに考えてのことです。この漢方薬は「耳鳴丸(じめいがん)」という名前で、柴胡は鎮静作用や神経の緊張を緩和する目的で加えられています。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー