第79回 女性がシクシク痛むとき?(問診6)

生理に関することは、
女性の身体の状態を知るために
必ず聞かなくてはいけない重要事項です。
月経の周期や色・量・塊の有無など、
くわしく聞き出し分析していくことで
病気の原因や対処の仕方がいろいろと見えてきます。

例えば、生理痛の場合、
生理前あるいは生理中にお腹が張って痛むときは
気の流れが悪くなって
血液がうまく流れていないためと考えられますから、
気の流れをよくすることで痛みを楽にすることが出来ます。

また、生理中にお腹が冷えるように痛むときは
経血は紫暗色で血塊を伴うことが多く、
冷えが原因で血液の流れが滞っていることを示しています。
ですから、身体を温めるようにすれば痛みは楽になります。

生理の後にお腹がシクシク痛む場合では
経血は淡紅色で水のように薄くなっていることが多く、
気血両虚の状態を表しています。
こんなときは、
気を増やす黄耆などの生薬と
当帰などの血液を増やす生薬が配合された
漢方薬の服用が効果的です。

また、おりものの色・匂い・量も大切な情報です。
例えば、白っぽくて水のようなおりものは
身体の冷えや胃腸の働きが弱っていることを示し、
黄色っぽく粘り気や匂いが強いおりものは
身体に熱があることや
子宮や卵巣などに急性の炎症をあることを示すものと
中医学では考えられています。
※通常の場合、無色・無臭が正常なおりものです。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー