第66回 水分の取りすぎで、食中毒に?

食中毒というとレストランや飲食店などでの食事が原因のことが多いのですが、家庭の食事でも起こる可能性があります。とくに、家庭では症状が軽かったり発症者が少ないため、ただのカゼや寝冷えなどと間違えられてしまい食中毒とは気づかずに重症化して死亡してしまうことがあります。

また、井戸水を使用している家庭では、知らないうちに水源が汚染されてしまい水が原因で食中毒になることもありますから、井戸水の水質にもときどき気をつけることが必要です。

梅雨のようなジメジメした季節には、O-157などの細菌性の食中毒が起こりやすくたいへんな事態を招くことがあります。しかし、その大半は食物の腐敗を抑えたり胃腸の働きを高めたりすることである程度は防ぐことができます。

例えば、日本ではこの時期にワサビ・紫蘇・生姜・すだち・食酢・梅干しなどを生の食物の保存によく使いますが、これらのものは細菌の増殖を抑え腐敗を防止したり薬味として食欲増進や消化を助ける作用があります。さらに、胃を刺激することで胃酸の分泌を増やし胃の中の殺菌効果を高める働きもあります。

また、夏のような暑い季節には水分を補給することは非常に大切なことですが、あまり水分を取りすぎると胃液が薄まりすぎて胃の殺菌効果が落ちてしまうため食中毒にかかり易くなることもあります。

サブコンテンツ
メニュー