第62回 スッポンで子宮筋腫が消えた?

前回、塩からい味のものは硬いものを軟らかくする作用があるといいましたが、じつはもっとよいものが中医学にはあります。

「軟堅薬(なんけんやく)」と呼ばれる芍薬(しゃくやく)・牡丹皮(ぼたんぴ)・莪朮(がじゅつ)・鼈甲(べっこう、スッポンの甲羅)などの生薬がそうで、それらを漢方薬に加えて使うと前立腺肥大や子宮筋腫などでは塊りが軟らかくなって消えたようになり自覚症状がたいへんに楽になることがよくあります。そして、その場合には病院で超音波の検査をしても、大きさがだいぶ小さくなっていることが分かります。また、放射線の腹部照射で腸管が癒着してしまい塊りみたいになった場合にも有効なことがあるともいわれています。

また、中医学では亀板(きばん)と呼ばれる亀の甲羅も骨を丈夫にする・血液を増やす・体を潤す・腎を養う・止血などの作用があるとされていますが、スッポンの甲羅のように硬いものを軟らかくする働きはありません。

日本では婦人の病いに当帰芍薬散という漢方薬をよく使いますが、中医学ではこの中の当帰(とうき)という薬草は補血・活血・止血の作用のほかにも子宮収縮を促進したり抑制したりする双方向の調整作用も持っておりさらに子宮の発育をよくするとも考えられているため産婦人科の漢方薬には欠かせません。

現在、中国では当帰が主成分の当帰膏(とうきこう)という甘くて飲みやすいシロップ状の漢方薬が有名でアメリカやヨーロッパにまで輸出されています。そして、この漢方薬は子宮筋腫とそれによる貧血と出血を同時に治療できるため、婦人の宝とも呼ばれています。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー