第29回 すぐ痩せられる人の見分け方、教えます

舌が大きくはれぼったくて、色は淡い白色で、舌苔は厚くて剥がれにくい。このような舌は、色の白い肥満タイプの方に多く見られ、水分が過剰であることを示しています。・・・中医学的にいえば、「痰湿(たんしつ)」という状態です。

こういうときには、むくみやすい・体がすっきりせず重だるい・軟便気味で下痢しやすい・口が粘る・口が甘いなどの症状が見られます。

食べるとよいものは、はすの実・あずき・はとむぎ・冬瓜・さやえんどう・かぼちゃなどの尿の出をよくしたり水分を吸収しやすく胃腸の中の余分な水分を吸って便のかさを増やすものなどです。

食べるとあまりよくないものは、牛肉や豚肉などの肉類・ごま・脂肪の多いもの・お菓子・甘いもの・黒豆・粘りのあるものなど、体の水分を溜め込んでしまう性質のものや水分の発散を邪魔するものです。

また、水分の取り過ぎにも注意して、体の余分な水分を減らしましょう。出来るだけ温かいものを取り、体を冷やさないようにして、体の水分を発散しやすくしましょう。

漢方薬でいえば、茯苓(ぶくりょう・・・サルノコシカケの仲間)、車前子(しゃぜんし)、連銭草(れんせんそう)などの利尿作用のある生薬が配合されたものを使います。

サブコンテンツ

ページの先頭へ

メニュー