第174回 塩分は高血圧の原因ではない?

中医学では、気・血・水の絶対量が不足している場合には、迅速にそれらを補給することが必要とされています。そうしないと、他の要素にまで悪影響が及んで、思わぬ状態に陥ることがあります。

例えば、サウナや運動などで汗をかいたり、下痢や嘔吐などで体液を消耗して水の部分が不足してくると、血にも影響が現われ血液が固まりやすい状態になってきます。

こういう場合は、脳梗塞や心筋梗塞などの症状がとても起こりやすくなっているということですから、早急に、失われた水分やナトリウム・カリウムなどのミネラル分を補給して元の状態に戻してやる必要があります。

また、一般的には「塩分を取り過ぎると高血圧になる」ということがいわれていますが、必ずしも塩分が悪いわけではありません。むしろ、野菜や果物の摂取不足によるカリウムやマグネシウムの不足や良質なタンパク質の不足による血管の弾力性の減少などが、高血圧の主要な原因になっている場合が多いものです。

ですから、塩分の摂取量が多いといわれる東北や北陸などの高血圧の多い地方の場合でも、野菜や果物を日常的によく食べている地域では高血圧に罹る人の割り合いが意外なほど多くありません。

サブコンテンツ
メニュー