第151回 禁煙が必要な、意外な病気?

目まいやふらつきが主な症状であるメニエール症候群は特に生命を脅かすような危険な病気ではありませんが、原因がはっきりと分かっていない厄介な病気で、根本的な治療の方法もありません。

しかし、メニエール症候群は、その原因は不明でも、肉体疲労や精神的な疲れが誘因となることは確かですから、身体に休息と安静を与えることや養生をすることは、症状の再発を防ぐ意味でも症状を軽くする意味でも非常に大切なことです。

特に、日常の生活の中で気をつけたいポイントをあげますと、

・タバコは内耳への血流を悪くするため、禁煙する。
・アルコールは自律神経の乱れを誘発するので、できるだけ控える。
・毎日、十分に睡眠を取り、適度に身体を動かす。
・気分をリラックスさせるため、入浴は熱めを避けてぬるめの湯温にする。

また、部屋が明るい場合、メニエール症候群の症状が出やすい人は、少しばかりの物の動きでも大きく動いて見えてしまって気分が悪くなることがありますから、部屋もなるべく落ち着きのある照明や色彩にされたほうがよいでしょう。

それに、音に対しても非常に敏感になりちょっとした音でも耳に響いてつらく感じるので、テレビ・ラジオ・電話の音なども遠ざけて静かな環境でしばらく静養することも必要でしょう。

サブコンテンツ
メニュー