第147回 「アイスクリーム見聞録」

アメリカには「国民アイスクリームの日」とか「国民アイスクリーム月間」とかが制定されているという話ですが、確かにアイスクリームは世界中でみんなに愛されているお菓子の代表の1つといえるでしょう。

また、アイスクリームは、見方を変えればバランスの良い栄養食品でもあります。例えば、乳脂肪8%のアイスクリームに含まれるカルシウムの量は100g当たり140mgと牛乳の約1.5倍も多く入っていますし、タンパク質・脂肪分・糖質の3大栄養素も完全栄養食といわれる牛乳並みに含まれています。

ですから、朝食を抜く代わりにアイスクリームの1つでも食べれば、必要な栄養分をある程度は補給することが出来ますし、食欲がない時でもアイスクリームぐらいなら食べられるという人は多いですから、食の細い方や病人の食べ物としても適しています。

お年寄りや寝たきりになられた方々の食事代わりになるスープの作り方を研究している女性の話を雑誌か何かで読んだことがありますが、アイスクリームも冷たいスープの一種であるというふうに考えることも出来ます。

現に、古代ローマの時代には食中毒を防いだり食欲を増進するために香辛料が使用され出していましたが、果物・牛乳・ハチミツなどを氷で冷やしたアイスクリームらしきものが、夏の暑さで疲労困憊(ぱい)した
貴族たちの健康回復のための健康食品として使われていたという記録も残っています。

しかし、驚くべきことに、中国では紀元前3000年頃にはすでに牛乳や砂糖を用いてアイスクリームのような氷菓子が作られており、それがローマに伝わったのだという話が、マルコポーロの東方見聞録に書かれています。

サブコンテンツ
メニュー